otaru-love

小樽観光情報、おすすめスポットやグルメ情報

小樽市でSNS映え間違いなし!おすすめ写真撮影スポット

f:id:naoha:20201103155121j:plain

小樽運河夜景2

北海道有数の観光地となった「小樽市

国内外から多くの観光客が訪れ人気の観光地「小樽市

かつて経済の隆盛期には、北海道でも重要な物流拠点でもあった「小樽運河

やがて倉庫を活かした施設やガス灯や遊歩道などが整備され、独特のレトロな雰囲気を

醸し出す、北海道でも代表的な観光スポットになりました。

そんな小樽市SNS映え間違いなしのおすすめ写真撮影スポットを紹介します。

 

小樽運河を撮影するならここ!「浅草橋」

f:id:naoha:20201103162523j:plain

浅草橋観光案内所

「浅草橋」街観光案内所からの「小樽運河

小樽観光の情報収集ができます。この浅草橋からの写真撮影が定番。

小樽へ来たらここは外せません。小樽駅から中央通リを運河方向へ歩き、札幌方面

へ進んだ場所にある橋です。ここはいつも多くの観光客で人が絶えません。自撮りスポ

ットとしても人気。

メジャーな小樽運河の絶景写真はこの橋から撮影されるようです。

f:id:naoha:20201103164021j:plain

おたる運河

「幻想的な夜の小樽運河

 

f:id:naoha:20201103171157j:plain

小樽雪物語

浅草橋から冬の夜に撮影した小樽運河です。小樽ゆき物語のイルミネーション点灯によ

り、昼間とは違う風景です。思わず見とれてしまいます。

 

小樽運河クルーズ「ナイトクルーズはロマン溢れる雰囲気」

f:id:naoha:20201103164220j:plain

小樽運河クルーズ

こちらは、小樽駅からまっすぐ下って突き当りの、中央橋です。

人気の小樽運河クルーズは中央橋からスタートします。中央橋~小樽港~北運河~南運河の浅草橋までを約40分かけてくまなく巡ります。

経由する浅草橋周辺は、小樽運河の写真撮影スポットとして有名です。

 

 ディクルーズとナイトクルーズがあって、夜はロマンあふれる雰囲気となります。

小樽運河クルーズの詳細を見る

 小樽青の洞窟クルーズ

f:id:naoha:20161113154952j:plain

 四季折々の表情を見せる小樽運河ですが、いつ行っても癒されるスポットです。

 

「小樽雪あかりの路

 f:id:naoha:20191103195051j:plain

小樽市内をろうそくの灯りで埋め尽くされるイベント。

毎年2月上旬に開催され、10日間の開催にも関わらず毎年50万人が訪れます。

さまざまな会場があって、運河会場にもキャンドルが浮かび、より幻想的な世界となります。

f:id:naoha:20191103195828j:plain

 

手宮線跡地」線路の上を歩きながら撮影できる貴重なスポット

f:id:naoha:20201103172616j:plain

手宮線跡地

明治時代に北海道で最初に開通された「幌内鉄道」。その後「手宮線」に改正され

役割を終えて、廃線となりました。廃線後の今では、線路や踏切などその多くが保存さ

れており、線路の横には遊歩道が整備されています。線路の上を歩ける貴重なスポット

として、写真撮影スポットとして人気です。

「通称メルヘン交差点」から堺町通

f:id:naoha:20201103180903j:plain

堺町交差点、通称「メルヘン交差点」はいつも多くの観光客でにぎわう観光スポット。

ここから続く堺町通りは明治時代に小樽の中心地として栄え、メルヘン交差点から

北のウォール街まで約1kmの通り。当時のレトロな建物は店舗に再利用され、様々な

お店が立ち並ぶ買い物エリアとなっている。

f:id:naoha:20201103175343j:plain

 まとめ

f:id:naoha:20201103175859j:plain

小樽観光の定番といえば「小樽運河」ですが、小樽には見所いっぱいのSNS映えスポッ

トがたくさんあります。小樽へ旅行の際は、素敵なスポットを見つけてくださいね。

定番の海鮮グルメやスイーツも大人気。みなさまの旅の参考になれば幸いです。